17日の深夜近くにヤフオクで怒首領蜂大往生箱など付属品ありに35,600円で入札したもの、敢えなく落札できなかった。その後5万円を突破し、更に65,000円まで高騰した。入札者は6万円台が2名と5万円台が2名、そして3万円台が3名であった。尚、当管理人は入札価格順位が6位でした。さすがにここまで高騰すれば、現状諦めざるを得ないものである。

又、13日には起動確認していない基板のみでしたが、こちらは28,500円でした。付属品が箱も含めて揃っているだけで倍以上の高騰振りである。ならば基板のみを揃え、別個に付属品を揃える方法を取った方が得策でしょうか。ただ、基板そのものが小さいため、箱があった方が保管に便利とは言えるものがある。

それもあってか、当初は3万円程度での落札を狙っていた。一般に怒首領蜂シリーズで最も基板価格が安いものであり、これまで何度か入札を試みた事があった。満了時間が近くなると既に3万円を超え、上記の価格での入札を行ったが、予想を遥かに上回った。

先日同じ出品者から中国流PGMマザー付きを5,000円余りで落札したばかりであり、この怒首領蜂大往生との同梱を狙っていた。残念ながら他にこれといったものがないというか、基板はあっても高いので、残念ながら同梱を諦める事になりそうだ。

少なくとも4月以降、15,000円前後を越える落札がない状態が続いている。1万円台の落札がいくつかあり、6月はかなりの数の落札をしたもの、一世一代を賭ける大きな買い物はまだしていないという事か。経済的にまだまだ好転しなければならないため、辛抱するとするか。