5日の晩JVS対応スイッチング電源をヤフオクで3100円で落札に成功し、無事に届いた。大きさ的には従前のJAMMA規格対応スイッチング電源と同程度であるが、5Vや12Vの他に3.3Vの電圧も装備され、しかもそれが大容量の電流となっている。これまでカプコンコンバーターを介して起動できなかったNAOMIの起動に期待したい所である。

従前のJAMMA規格対応スイッチング電源はコントロールボックスに内蔵してあるが、JVS対応スイッチング電源はプラグ付き電源コードやNAOMI側の電源端子に接続できるコードが付いており、今すぐ外付けで使える様になっている。当面は外付けで使っていくのが現状である。

コントロールボックスに内蔵できれば便利になりそうですが、現状内部空間に余裕がなく、従前のJAMMA規格対応スイッチング電源と交換すれば入りそうである。しかし、そうなると-5Vの電圧が使えなくなり、-5Vが必要な基板を動かすのにサウンドが出ないなど不都合が起きる。できるなら1つのスイッチング電源で従前のJAMMA規格とJVS規格をカバーできる様になれればいいのですが。

しかし、仕事が最も忙しい時期であり、残念ながら動作確認はもう少し後になりそうだ。電流容量はトータルで全然違うため、大いに期待できるものであり、これでダメなら一体どこが悪いんだという感じになりかねないものである。