昨秋コントロールボックスを暫定完成させ、ようやくゲーム基板を動かしてアーケードゲームをする事ができるようになったが、これまで2010年以降に購入した基板ばかりであった。そこでようやく5日にかねてより所有してきた基板の一部を起動してみたが、そのうちのかなりものが起動した。定期的に電源を入れずに放置すると壊れる事もあるというだけに、どれだけ壊れずに残っているかを確認したかった。

完全に動作したタイトルはいくつかあり、1990年前後のアクションゲームの一部が起動した。その中には思い入れのあるタイトルもあり、ひとまずほっとした所である。その中には何と「ウルトラマン」もあったが、これは1991年の歴史的にヒットした対戦格闘ゲーム「ストリートファイター2(2はローマ数字)」が登場した頃に登場し、ウルトラマンが怪獣と対戦するものである。パンチやキック・投げ技の他、「スペシウム光線」などおなじみの光線も駆使して怪獣を倒していく。

今回確認したのはほんの一部であり、まだまだ起動して確認しなければならない基板は多いものであり、後に時間を取ってじっくり確認していきたいものである。今後は年1回程度全面的に電源を入れて確認する習慣を付ける様にしたいものである。今回動作しなかったものについてはアップスキャンコンバーターの相性の問題も考えられない事もないが、後に原因を確認していきたい。

2001年にPCを購入し、アーケードゲーム専用モニターを処分した事が基板から遠ざかる第一歩となった。更にオンラインゲームにはまったり、仕事やホームページ作成などが忙しくなってしまった事が完全に遠ざかる事を決定的にした。それにコントロールボックスの老朽化で整備しなければならない事も手伝っている。

だが、2010年に基板購入を再開し、2012年にコントロールボックスを整備して基板復活につなげていった。はまったオンラインゲームがサービス終了になったのと、元々オンラインRPGにはまらなかった事もあり、はまり要素の強いオンラインゲームから遠ざかった事も基板復帰に拍車をかけている。