10日未明にヤフオクでエスプガルーダⅡを落札し、16日に届いた。オークション終了時刻が午前3時台であり、仕事も控えているだけに寝る前に落札できそうな価格で入札しておいた。22時前にあらかじめ30,600円で入札しておき、22時台には就寝したが、3:30頃トイレで目覚めた時には既に終了となっていた。ひそかに携帯サイトから確認を行ったが、ぎりぎりで落札できた事がわかった。

今回も全純正で箱付ですが、箱が伝票を貼り付けててあり、テープを剥がした後があるので汚くなっているが、それ以外は美品である。尚、エスプガルーダでは付属品全純正箱付美品で、箱もきれいで28,000円弱と3万円に届かないものでした。

ケイブで2004年の虫姫さま以降に採用されたより小さいサイズの基板のタイトルとしては初である。この手の基板はヤフオクの写真で何度か拝見しているが、テスト基板並みで随分と小さいなと感じられるものでした。又、ケイブのタイトルは2012年夏に落札したエスプガルーダ以来であり、2タイトル目である。

上の写真ではエスプガルーダとエスプガルーダⅡそれぞれの基板の大きさを比較したものである。前者はいわゆるIGS基板で、他に「怒首領蜂大往生」・「ケツイ~絆地獄たち~」が該当する。後者は虫姫さま以降に採用された新基板である。幅は新基板の方があるが、奥行きはIGS基板の方がある。表面積はやはり新基板の方が小さめである。

出品者をたどってみると、新潟県長岡市にあるゲームセンター「テクノポリス」の人の様である。当管理人としては今後、新潟県中部の魚沼方面の百名山を登る時に足を運ぶ際には是非とも足を運んでみたいものである。この所地方のゲームセンターは絶滅しつつあるだけに、頑張っていただきたいものである。

落札後「エスプレイド」も別の出品者により出品されていたが、16日の時点で41,000円まで高騰していた事もあり、入札を断念した。最終的には何と67,000円で落札された。昔は中古価格で2万円台であったかなと思い出すのですが、この所で随分と上がったものと感じざるを得ないものがある。