5日の晩にヤフオクでNAOMIマザーとカプコンvsSNK PROのGDROMを落札したが、DIMMボードは予想以上に高騰したため落札を諦めた。だが、落札者が連絡を取れなかったため、再び出品された。落札に挑戦したもの、最終的に26日により高い価格に高騰した末に落札できなかった。今回は上記2点の商品の購入となり、28日に入金手続を行った。

GDROMに対応できていないため、今回購入したカプコンvsSNK PROはすぐにできないが、新たに別の出品者により対応できるNAOMIソフトのタイトルが出品されているので、落札に挑戦する次第である。そうなるとすぐに動かす事ができる。追々GDROMに対応できる様にしていきたい。ヤフオクだけでは対応できないならば基板ショップでの購入も考えられる。

いよいよもってNAOMIを導入する事になった。セガのゲーム機DREAMCASTに準じたマザーで、数々のタイトルがあり、その上PCモニターなどの高解像度モニターの規格の高精細なグラフィックに対応している。そしてもちろんサウンドはステレオである。更に一枚基板のタイトルは高くなる傾向になるため、より安く良質なタイトルで遊べる事が期待できる。

ただ、I/O基板やコントロールボックス内蔵の電源が容量を満たすかどうかも問題になってくる。あらかじめ1・2年前に2000円でナムコのI/O基板を落札・準備してきたが、接続できるかどうかというのはもちろん、できたとしても電源容量が間に合うかどうかである。そうでなければ新たにI/O基板や電源を用意しなければならなくなる。GDROMへの対応同様取り組んでいきたい。