「ラジルギノア」新品NAOMIソフトの落札もあり、今月中にNAOMIを動かせる状態にすべく、9日にカプコンコンバーターをジーフロントに注文・入金した。そして13日に届き15日に開封したが、「ラジルギノア」を起動させるにはNAOMI本体のブートROMの交換が必要である事がわかった。

マイナスドライバーでの引き抜きは危険なため、更に格安のIC引き抜き器をアマゾンで注文、18日に届いたので寝る前にNAOMI本体に付いているブートROMの交換を行った。元から付いているのはバージョンGであり、バージョンHのROMに交換した。ソフトが新品だけにそういう所も行き届いていると感じられるが、2000年代終盤とより新しいタイトルだけにバージョンアップは必要だった。

GDROMドライブについては元のコントロールボックスなどの電源によるが、動作の保証はないとされている。あとはカプコンコンバーターに接続してやってみるが、仕事が忙しくなってきておるので、そのうち休みの時にでもである。